引越しでトラブルに合わないためにどうすればいいの・

引越しを手伝ってくれた人


私は一人暮らしをするために、マンションへ引越しをしたのです。
でも両親は家を出ていく私を、よく思っていませんでした。
そして引越し当日も、手伝ってはくれなかったのです。
だから私は引越しは一人ですると決めたのです。
誰の手も借りずに、一人ですると決めていたのです。
でもやはり一人での引越しは大変でした。腰も痛くて、腕も上がらなかったのです。
そんな状況で引越しをするのは、かなりの困難だったのです。
そんな時、そっと手伝ってくれる人がいました。それはお隣に住む大学生の人だったのです。
彼は何も言わずに、手伝ってくれたのです。
重いものをどんどんと、部屋へ運んでくれました。嘘みたいにあっという間だったのです。
そして何も言わずに行ってしまいました。
私がお礼を言っても、振り向く事はありませんでした。
私はとても嬉しかったのです。何も言わずに手伝ってくれたのです。
そして、誰かもわからないのに手伝ってくれたのです。

夕方になって私は引越しの挨拶へ行ったのです。
そしてお隣から出てきたのが、昼間手伝ってくれた大学生だったのです。
背が高くて、とても素敵な人だったのです。
私はドキドキしながら挨拶をしました。
今日からここでの生活が始まるのです。いい事ありそうです。