引越しでトラブルに合わないためにどうすればいいの・

親離れ

今の私は、完全に<親離れ>が成し遂げられていません。あんまり悪いこととは思ってない、その辺りこそが、大きな問題かなとは感じています。自分を正当化して親を否定するならば・・、早急に自分自身を改めたほうが良いはずなのです。

さてさて、私は昨日の外出に関して、心理的にだいぶ満足なまま、今に至っています。親離れに関する延長の話として、誰かに聞いてほしい内容です。話の中身としては雑談程度ですので、期待はさせられませんが、お暇な方には読んで頂きたいのです。
全国各地では、人を集めファンを拡大し、そのまま企業イメージを大幅にアップさせるために、イベント開催を行うことが多いです。例えとしては、車のモーターショーのようなイメージです。事実上、最先端が集まっているため、博覧会のような会場となる話です。昨日、私はそのような夢中になれる会場へ、思い切って足を運んだのです。そして、忘れぬうちに気がついたことを書いておきたい気持ちで、以下に続きます。勢いを奮い立たせ、このように自主的に動けるような活動能力を失っていない私ならば、実家を飛び出して親のスネをかじらずに、社会へ向かっていけるような手応えも、ついつい感じてしまったわけです。
実家を出るとか、親に迷惑かけないとか、大人としては最初のハードルだと思っておかねばなりません。遊んでばっかりだった今までについて、いい加減に私も反省しながら、世間体とかも少しずつ見直して行かなければと、意識を改善させたいと思うようにつながっていきそうです。
明日にいきなり、親元を離れて<引越しの実行!>してしまうほどの、金銭的な余裕はないため、順序として交友関係から情報を教わったりして、時間をかけて賃貸情報の収集などをアクション始めようかな・・と、そのように前進していけそうなのです。