引越しでトラブルに合わないためにどうすればいいの・

どうせなら楽しく引っ越しをしたい


引越しをする時にはできるだけ楽しくおこないたいと思いますが、引っ越しも中盤辺りに差し掛かるといろいろ大変で機嫌も悪くなってきます。引越し業者に依頼していたとしても、新居に行って家具の配置を業者さんに伝えたり聞かれたことに答えたりして大変です。

 

自分の引っ越しに自分が協力しないわけにもいかず、一日身体に鞭を売って走り回らなくてはなりません。仕方がないと分かっていながらも引っ越し当日は目が回るような忙しさの中で、精神的にも肉体的にもクタクタになってしまいます。引越しともなればみんな同じように疲れるんでしょうが、わたしは神経質な性格なのでちょっとしたことまで気になり、余計に疲れが増してしまうのです。
大型テレビの引越しで気を付けること!
でもいつも思うのは、引っ越しはできるだけ楽しくおこないたいということです。どんな理由で引っ越すにしてもできることなら楽しく前向きな考えをもって引っ越ししたいです。暗く沈んだ気持ちで引っ越しをしても前向きな気持ちで引っ越しをしても同じ引越しです。どうせなら明るく良い状態で新しい場所へ移り住みたいものです。

 

そういう前向きな気持ちで引っ越しすれば「住めば都」で、きっといい新生活が始まるとわたしは信じているのです。