引越しでトラブルに合わないためにどうすればいいの・

貴重品はまとめて持っておくこと

引越しを業者に依頼するときには、業者に持っていく物と自分で移動する物を分けておくことです。
単身赴任引越し費用などのキーワードでで引越し業者を探して見積もりをしてもらう時にそのあたりは説明して置く事です。
移動する荷物が減ることによって見積金額が下がる可能性があります。

 

特に自分で移動しなければいけないのは、貯金通帳や印鑑などの貴重品です。
アクセサリーや宝石、時計などは後々トラブルの可能性が考えられるので、
自分で全て移動して保管しておくことです。
そうすることによって、紛失してしまう可能性をゼロにする事ができます。

大きな家具類などは消えることは考えられないので、全て業者に依頼することです。
通帳と厳禁さえあれば、何かのトラブルがあってもほとんど対処が可能なのです。
そして忘れがちなのが鍵です。

車の鍵をもちろん重要な部分の鍵を無くしてしまうと大変なので、
これも引っ越しが終わるまでは全て手持ちにします。

 

または貸金庫に一時的に入れておき全ての貴重品を鍵1個に集約することが良いと思います。

 

引越しをするときには、考える事が沢山あって「あれどこにいたっけ?」という状況になりやすいので、
事前に全てまとめて場所を変えておくことです。全て同じ場所にあるので、覚えるのは一つで済むのです。